ホーム ラブラドール達 子犬・出産情報 お問合せ リンク

アップデート情報

05/29/2018 Mathieu, Tim, Kate, Yell 達のページをアップしました。 ラブラドール達

 私とラブラドール・レトリーバーとの関わりは、1997年に飼い始めたMarkとLavieの2頭のラブラドールからスタートしました。家庭犬として常に身近で生活を共にしたこの2頭から、ラブラドールという犬種の素晴らしさ、躾や訓練に関する事、健康管理に関する事など多くの事を学びました。

 1998年、私にとって最初のショー・ラブラドールとなったAlexが加わり、ドッグ・ショーを通して犬種標準の勉強など、この犬種の理解を深める機会を得ました。このAlexの登録名:Sunchase がそのまま当犬舎名:Sunchase(サンチェイス)となっています。

 私のブリーダーとしての経験は、1999年にDriftway(オーストラリア)から輸入したAbby (FCI/JKC CH Driftway Holiday Magic) によって始まりました。Sunchaseのラブラドール達は全てAbbyに遡ります。その子孫達には、22頭のJKCチャンピオン、5頭のAKCチャンピオンがいます(2014年現在)。また、国内外の繁殖パートナー(米国:Ania Labs, Brookberry Labs、日本:Spito Labs, Nortear Labs)との協力関係の下、世界中のブリーダー達と親交を深めています。

 繁殖に際しては、可能な限り欧米と同等レベルの遺伝性疾患に関する健全性チェック(股関節、肘関節、PRA、EICなど)を実施した上で行っています。これらは、欧米のブリーダー達と同等に交流する上でも必須の事です。また、ラブラドールが本来有するべき性格(従順・温和)やレトリーバー(回収犬)としての能力・機能も重要な繁殖テーマと考えています。

 2007年には、JKC単犬種審査員資格(ラブラドール・ゴールデン・フラットコーテッド)を取得しました。私はレトリーバー犬種の審査に於いて、ブリード・タイプとサウンドネスを重視します。特に、これら犬種の本来の用途や使役に関わる機能性を表現する構成は最も重要と考えています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

"Copyright © 2003 - 2018 Sunchase Kennel All Rights Reserved"